WordPress.com で次のようなサイトをデザイン
始めてみよう

2020/05/13 ぽかぽかです。

 

地球のみなさん、こんにちは。

中田真由美 (声色旅芸人・アーティスト)

( https://nakatamayumi.jimdo.com/ ) でございます。 歌とイラストで活動している人の日記です。

 


 

今日は、身体の様子が変だったけど、

お天気だったので、太陽と仲良くしたくて、

ベランダに椅子を出して、プランターのお野菜たちを眺めながら、

ひなたぼっこ してました。

BGMは、スピッツさん。

 

しばらくしたら、ふと、

声のアーティスト「山崎亜美」さんの言っていたお話を思い出しました。

《耳》音にまつわるエトセトラです。

彼女は、遠くの遠くの音まで聴こえる聴覚をもっていて、自分の声がどんなふうに響き還るのかを理解しながら、

自分の声でできることを追究し、味わいつくし、それをどう人々に結びつけ、

地球に還元できるのかを考えている方で、

私はとても興味があって、トークイベントに行ってみたりしたのです。

 

そこで、遠く遠くの様々な音を聴くことは、練習すれば、ある程度できることでもある。

とお話されていたので、

そうか、、、では、と思って

私もBGMを消して、

そこに在る音を じっくりと、

聴いてみることにしました。

 

目をつぶって、

耳、そして音に集中するひと時。 。 。 。

 

少しずつ、絵を描くように、平面的な音が聞こえてきて、もう少し聴き込んでいくと、それらの奥行きが感覚的に若干つかめる気がしてきました。

そうなると、さっきまで平面的だった音は、立体感が生まれて、遠近感や、多面的な世界を感じることができました。

と、言うことは、

私は今、あの音とこの音のこの辺りの距離にいて、、、

《 今の自分の位置 》

が分かる気がしたのです。

 

その時、

「これって、大切なことなんじゃない?!」 と思って、ハッ!としました。

 

少し、ヨガをしている時に似ている感じで、

瞑想にも似ている感覚です。

 

ヨガは、自分の中に在るものに気づいていく作業で、心の中の自分との距離感を掴むんですが、 「耳」は、間違いなく、 《外界》との交流になるので、 地球上と私の関係 みたいなものに触れた気がしたんです。

大袈裟かな?笑

これ、スピリチュアルな話ではなくて、間違いなく自分が「人間単位で感じることのできる話」である。と言うことを私は伝えておきたいです。

(スピリチュアルってよく理解していないのですが、第六感的な霊的なことを言うのですよね?私はそっちじゃなくて、第5感をフル活用する人には実際に感じられる、人間(みんな)に元々備わっている能力のお話をしたいのです。微妙に違うんです。ここは、私の重要なポイントです。)

 

わりと、私は影響を受けやすい(傷つきやすい)タイプなので、ヨガみたいに、 外界を遮断することで、自分に還る時間を 求めがちなんですが、

耳の交流は、 体外にあるものとの交わりで産まれるものを 感じることだから、煩いと気持ちがザワザワしそうな話だけど、

ガヤガヤしてても、 とても静かな作業だと感じて、 楽しかったんです。

 

もちろん、山崎亜美さんみたいに、凄いところまでキャッチすることは、私には全然できないわけですが、練習という意味では、少し前に進めた気がします。

感じるための「大切な道具を磨くこと」を今日は、 やってたんだなぁ〜って。

表現やものづくりをする人にとっては、 これは、とても重要なことだと思いました。

もちろん、表現活動してない方々だって、 やっていいことだし、 感じることを大切にしてる人は、 なんとなーく、共感してもらえるのかな、 と思う。

こういうお話をすると、馬鹿にされたり、 笑われたり、軽くあしらわれたりするけど、

 

「感じること」や「研ぎ澄ませる時間」って、

人間は昔はやってたんじゃないかな。

動物や植物は、今でもやってるんじゃないかな。

私は今でも、そう在りたいな。

 

と、思っています。 感じたことを感じたままに表現して歌うことや 絵にすること。 それが、楽しくてしかたがないです。

 

という、絵を今日は、描きました。

 


■最後まで読んでくださって、今日もありがとうございます。色鉛筆の絵が想っていたより評判がいいみたい、うれしい。感謝。

広告

投稿者: Mayumi Nakata

東京在住/1985年生まれ/シンガーソングライター/色鉛筆お絵かきetc... ================================= ■歌い手 (作詞・作曲・ギター・うた)『多彩な声色と遊ぶように歌う』独自の詩世界とともに見つけた日常の"素敵"を作品にしている。型にはまらない唯一無二の表現が認められ映画楽曲提供や、絵描き操り人形師など芸術家とのコラボで活動の場を広げている。音楽家・夏秋文彦と共に制作した2ndアルバム「ユメノワナ」2019年5月リリース。 ※2010年~片岡翔監督、短編映画「くらげくん」をはじめ6作品に楽曲提供。 ※アニメ作家フシギナとのコラボ作品「うそつき」が2019年立川名画座通り映画祭ミュージック部門優秀賞を受賞 =================================

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。